2/20

けーね2

「けーね先生!!例大祭行けそうにないので慰めてぇ!!」
「仕方がないな…ほら、おいで」

という夢を見たんだ。
うん、例大祭無理になりました。。。あーうー…orz
その辺の話は話せるときにお話ししますので、すみません;
まぁ、夏コミ申し込んだのでそっちが受かっていれば2冊ぐらい出したいと思うので
そのときはよろしくお願いします~。

話変わって12日に新宿に行ったんですよ。南口を下ったところへに用があってとことこと。
信号が変わるのを待っていたら、なんか女子高生っぽいかっこうした女の子らがいたんです。
『またなにか新しい○○喫茶か…世もなかなかだなぁ…』とか思いながらみてました。
そこへ、その女の子たちの内の一人が来ました。
どーせティッシュだろうと思って、渡される前に断ったんですよ

女の子「あの、すみません」
梅『あー…、ティッシュはいらんがなぁ』

女の子「チョコ、もらって下さいッ!!」
梅「結構です」


女の子「えっ…」←凄い顔(ショック的な意味で)
梅「えっ…」←凄い顔(どういうこと的な)

アレらしかったです。ラブプラスかなんかのバレンタインイベントか何か。

いくらバイトとはいえ、告白まがいなこといわされてる女の子。
しかもかみかみ具合からして始めた頃かあまりまだバイトに慣れてないご様子。
そこへ「すみません」でも「ありがとう」でもなく、『結構です』の一言
周囲の人たちから「しんじらんねー」的視線がブスブスと突き刺さる。
涙目の女の子。いろんな意味で痛い状況。

女の子「あ…そうですよね…すみまs」
梅「あー、いあ!!違うんです!!ティッシュかと思ったんで!!」
そこから始まる苦しい言い訳  (割愛させていただきます)

結局もらったはもらいました。
いま思い返したらあれって凄く美味しいイベントだったなぁとか思います。
でも、もういいや。あんな恥ずかしい思い;


以下、返信です

>名無しさん

そうですね、ツーショットもありですね。
ひじりんにぬえぬえ…ゴクリ

>神無月さん

バッチ死な最近です!!
体調管理はしっかりしたいんですけどね、いかんせん一人暮らしだと難しいとこです;
がんばります~

>空白さん

すみません…でも、カツカツな状況なのでなかなか厳しいです。。。
描くようやってますが…あうあう…
スポンサーサイト